topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物と偽物の違い - 2011.07.31 Sun

ガラパゴスからグアヤキルを経由してエクアドルの首都キトへやってきた。

そう、この飛行機が面白くて、普通どこかの空港に寄るってことは乗継ぎを意味するので

飛行機も当然乗り換える。

だけど今回は同じ飛行機でキトまで。電車の各駅停車って感じ。飛行機って一度乗ったらもう終点まで

降りれないから乗る時はいつも乗り間違えないか心配するけど、これだと間違っても大丈夫?!





さて、暑かったガラパゴスからまた一気に標高が上がって肌寒いくらいのキト。

キトの空港から旧市街までは、空港を出てメトロバスに乗って大きなターミナルのLa Marin(Marin Central)まで。

そこから旧市街までは坂を上るけど歩けない距離ではないので、空港からはこの方法が一番分かりやすいかも。





エクアドルとはスペイン語で赤道を意味するらしく、ここキトの近くに南北を分ける線が走っている。

そこではテレビで見た赤道上でしかできない実験を見れるらしい。



キト
入口に掲げられたカッコイイ文句。



キト
巨大ねずみ?の丸焼き!をチラ見しながら場内へ。



キト
E(東)を境にして右が北半球、左が南半球。



キト
赤道を示すプレート。



キト
でーーーん!

ココが世界の中心だ!



と叫びたくなるけど、実はこの赤道の位置、間違っちゃったらしい。。。



こんなモニュメントまで作ってしまって。。。


じゃあ、本物はどこ?

そこから少し離れた場所にこんな立派な建物はないけどしっかりありました。



キト
これが《本物》の案内板。


看板に書いてあるようにここはアメリカがGPSを使って正確に計測したそうです。


やっと実験が見れると期待しながら英語ガイドについていくと最初に案内されたのは

原住民の生活していた家。

赤道と関係はないのだけどちょっと気持ち悪いものを見せられた。



キト
死んだ人の頭を首の付け根あたりから切断。


キト
それを煮るなり何かして保存していたらしい。



キト
それがコレ↑(本物?)。

何かの儀式の一部だったのかもしれないけど、人間の頭を煮るって。。。。



うっ、吐きそう!





ごくっ。



ぷはーーー!






お待ちかねの赤道実験。



キト
本物の赤道上に置かれた石。小さい。



キト
北半球と南半球では穴から水が流れ出るときの渦の巻く方向が逆になる実験。



キト
赤道上では生卵も何故か垂直立つらしい。できるかな~。



キト
できたーー!!



床には割れた卵もいくつかあったけどね。


試してないけど、偽物で同じ実験をしてもきっと出来ないんだろうな。




赤道記念碑までは旧市街のLa Marinからメトロバスに乗って空港を通り越した先にある

Offeliaで赤道行きのバスに乗換えます。







スポンサーサイト

動物の楽園 ~サン・クリストバル島編~ - 2011.07.27 Wed

キューバ、ジャマイカと忙しく動いてたのでなかなかアップできなかった。


さて、

ガラパゴス最後の島、サンタクルスからサン・クリストバル島へ。片道25$。



サン・クリストバル島
もう1つの空港があるサン・クリストバル島。



翌日には飛行機で出発予定なのに定期船が14時ごろにしかないので

着いたらもう16時ごろ。




実際のところ、この島ではグータラしてしまい、特に何をする訳でもなく終わってしまったので書くことも

ないのです。



サン・クリストバル島
唯一行ったPlaya Manビーチ。



サン・クリストバル島
ベンチで昼寝中のアシカ。

そう、この島は人間よりもアシカ人口の方が多そうだった。

間近でこんなにカワイイ寝顔を見れるなんて幸せです。







ガラパゴス。

こんなにも人間と動物が間近に暮らしている光景も世界にそうはないだろう。

観光客がくるようになってやっぱり生態系も崩れていく。

実際にその立場で行ってこんなこと言えないのかもしれないが、

自然を壊すのはいつも人間だ。

島には観光客用のカフェやレストラン、おみやげ物屋、ホテル、旅行会社が沢山ある。

インターネットさえもできてしまう。

動物の楽園と言われるガラパゴスですらそうなのだ。



イザベラ島
人間が持ち込んだ馬。でも馬に罪はない。




人間が暮らしやすくなった分、きっと自然は汚れていくんだろう。




イザベラ島
海を眺めながらイグアナは何を思うんだろう。






沢山の動物と触れ合えたガラパゴス。


また来たいと思う。


だから


これからもずっと


動物の楽園であってほしいと願う。





サン・クリストバル島の宿

Hotel Albatros

シャワー・トイレ付きシングル、ツイン交渉して一人$8。

船着場から海沿いに歩いていくと看板がある。キッチンは家族が使っているものを

キッチンは使わせてくれるがかなり汚いので作る気にならない。

部屋も天井部分は仕切りがない。本当に寝るだけならいい宿って感じ。







動物の楽園 ~ノース・セイモア島編~ - 2011.07.10 Sun

ガラパゴスは海だけでなく陸にも沢山の固有種がいる。

そんな動物を見るにも、自力で行ける島や場所は限られている。

ガラパゴスアメリカグンカンドリとガラパゴスアオアシカツオドリを見たくて現地の旅行会社で

調べた結果、ノース・セイモア島でどちらも見れるというので1日ツアーに参加。

ランチ付きで125ドル。



galapagos-map_5.jpg



ノース・セイモア島
今回のツアーボート。



ノース・セイモア島
船内。



ノース・セイモア島
ランチの支度中。

このツアー、この日しかもう時間がなかったので無理やり別団体のツアーに組み込んでもらったのだけど

すごく立派なボートで寝室なんかもあった。参加してる欧米人もお金持ちっぽい人が多くて貧乏パッカーには肩身が狭い。



豪華な船内をウキウキしながら探検してるうちにノース・セイモア島到着。



ノース・セイモア島
ごく僅か整備された道を歩く。それ以外は絶対侵入禁止。ガイドさんもよく目を光らせてた。





ノース・セイモア島
またいました海イグアナ。



ノース・セイモア島
きっと固有種のトカゲ。



ノース・セイモア島
野生の陸イグアナ。でもサボテンじゃなくて草食べてたな~。新種のハイブリット?!



ノース・セイモア島
お昼寝中のアシカの子供。砂まみれ。






そして、いましたガラパゴスアメリカグンカンドリ。



ノース・セイモア島
喉もとが赤い雄。

雨季にはこの喉元の赤い袋を膨らませて求愛のポーズをして雌を引き付けるらしい。

でも、旅行会社ではもう時期じゃないから見れないと言われていた。

実際きてみたらあちこちに沢山いるじゃありませんか。



それがコレ↓



ノース・セイモア島
膨らみすぎ!



ノース・セイモア島
膨らませたまま飛んでる奴までいる。



でもきっと雌には大きく膨らませた雄が人気あるんだろう。



ノース・セイモア島
どの鳥がお好み?



では今回も動画でその膨らませっぷりをお楽しみください。



[広告] VPS







もう1つのメイン、ガラパゴスアオアシカツオドリ。

名前にもあるように足が青のグンカンドリ。

どこにいるかとずっと探していたけど結局見つけられなかった。

なので前日のダイビング中に発見したコチラの写真をどうぞ。



ゴードン・ロックス
真ん中にいる鳥がソレ。


これじゃ分からないので拡大。



ゴードン・ロックス
確かに青足。

自然にこんな鮮やかな青になるなんて不思議。何食べればなるんだろう?

ちなみにwikiによると繁殖期に雄はステップを踏んでダンスを踊るらしいです。

想像しただけでかわいい。



参加したツアーはこの後も2箇所ほど海岸に寄ってスノーケリングをしてました。

でも、僕は旅行会社の人の話を聞いてなかったのか、英語が分からなかったのか

水着やスノーケルセットを持ってこなかったので終始暇でした。



ツアーに参加するときはツアー内容をよく確認しなきゃだめですね。

もっと英語も勉強しなきゃと痛感。





ノース・セイモア島
最後に今回いっしょにガラパゴスにきたメンバーとパシャリ。

滞在期間が違ったのでここでお別れ。

でもみんなのおかげでめっちゃ楽しかったよ!





動物の楽園 ~ゴードン・ロックス編~ - 2011.07.09 Sat

イザベラ島からサンタ・クルス島へダイビング・ツアーに参加するために戻ってきた。



ここでは、いくつかのダイビングポイントがある中でゴードン・ロックスという場所が

ハンマーヘッド・シャークやエイなんかとの遭遇率が高いと言われているので

是非そこで潜ろうと思っていたら、そこは潮の流れが早いので結構本数潜ってる人じゃないと

危ないらしい。

ショップで訊いても同じことを言われ、やっぱり命には代えられない。

仕方なく遭遇率は少し落ちるけど、ノース・セイモアのポイントで申し込み。

2ダイブ、スナック、水、昼食(レストラン)、スノーケルセット、写真付きで130ドル。



朝5時に宿に迎えにきてくれて眠い目をこすりながら車からボートへ乗り換える。

と、そこで重大発表が!

ガイドが突然「今日はゴードン・ロックスに行くから」と言い出した。

なんでも今回一緒のアルゼンチン人が昨日ノース・セイモアを潜ったのかららしいが。

昨日ショップであれだけ危ないと言っていたのにあっさり変更。まあこのいい加減さが海外だね。

いずれにしろ、当初の希望通りになってラッキー!



ゴードン・ロックス
ゴードン・ロックスはサンタ・クルス島の隣。



ゴードン・ロックス
ダハブ以来のダイビングなので最初はちょっとビビッてたけどなんとか潜水開始。



ゴードン・ロックス
さかな。



ゴードン・ロックス
さかな、さかな。





そして、






ゴードン・ロックス
さっそく現れたハンマーヘッド・シャーク!!



ゴードン・ロックス
へんてこな顔。なんでこんな形になったんだろ?



ゴードン・ロックス
合間の休憩時間にスノーケリングで間近に見れたアシカ。



ゴードン・ロックス
仰向けになって顔だけ水中。獲物でも狙ってるのかな?

でもアシカはその仕草がやっぱりかわいい!



写真以上。



この海の雄大さはやっぱり動画じゃないと伝わらないと思うのです。

なので今回は3本続けてどうぞ!



[広告] VPS

ハンマーヘッド。後半は消えちゃうけど、それでもすごい。




[広告] VPS

テレビで見ているかのようなエイの群れ!すげー!!




[広告] VPS

そしてやっぱり一番感動した海ガメ。かわいい!本気で竜宮城に行けるんじゃないかと思った。


流れが早いので海ガメも揺れてる。




こんな間近に動物と触れ合えるガラパゴスの海。

時間がとお金があったらもっともっと潜りたい。きっと期待を裏切らない素敵な思い出が

ここには待ってます。






動物の楽園 ~イザベラ島編~ - 2011.07.03 Sun

ガラパゴス地図
ガラパゴス諸島の中で一番大きなイザベラ島。


サンタ・クルス島の港にいくつかある旅行会社でボートチケットを購入。

定期船は14時発しかないのだけど、貴重な時間を無駄にしたくないので朝発のツアーボートに

一緒に便乗させてもらった。帰りはいつでもいいオープンにしてもらい往復50ドル。



イザベラ島

片道2時間の船旅はボートがそれほど大きくないためか上下にすごく揺れて船底が海面に打ち付けられる度に

すごい振動!酔いやすい人は大変だろうな。





やっと着いたイザベラ島。でもこの島について何の情報もないままきてしまったので、

まずは情報収集から。

この島には火山がいくつもあるので行きたかったのだけど、島の一番南にある町から

北にいくつかある火山まで道路はないので、行くならツアーに参加するしかない様子。

なのでとりあえず島内を歩いてみる。



イザベラ島
海の方へ歩いていくと砂浜が広がっていた。



イザベラ島
いました海イグアナ!しかも大量に!



イザベラ島
かわいい。顔が白いのは鼻から噴出した海水が固まった塩だそうです。

人間になれているのか結構近づかないと逃げ出さない。

だからといって触ったり、追いかけ回すのはご法度です。



イザベラ島
公園内にいたフラミンゴ。


南米のほかでもフラミンゴ見たけど、ここが一番ピンクだった。



イザベラ島
そして公園内の遊歩道を歩いて行くと、



イザベラ島
ゾウガメの飼育所らしきところへ出た。



イザベラ島
並んでる。



イザベラ島
カメの動きには愛嬌があってかわいい。




そしてこの島にきた一番の目的はガラパゴスペンギンを見るため。

そう、思い返せばアルゼンチンのバルデス半島にも南極にも、そしてチリの最南端プンタ・アレーナスにも

行かなかった&行けなかったのだ。



だからここでえ見ないともう見れない。




ボートで到着したときにチラっと見えたのを思い出し、ボートをチャーターしてでも沖合いの

見えるトコまで連れてってもらおうと意気込んで港へ出かけた。

港にいたおっちゃんに「ボートいくら?」ってきいたら

「ここはナショナルパークだから今は公式ガイドなしで俺らが勝手には行けなくなったんだ。」

と言われ、正論だと思いながらも意気消沈していたら






イザベラ島
目の前泳いでるーーーーー!!

めっちゃ嬉しくなって撮った動画がコチラ↓


[広告] VPS

あんまり良く撮れてないけど。



そしてこの港の脇道を入っていくと無料のスノーケルポイントがあった。

宿でスノーケルセットをレンタルして早速でかけた。



イザベラ島
おお!



少し泳いでいくと



イザベラ島
海イグアナが尻尾をフリフリ泳いでる。でも遅!!



イザベラ島
潮の流れに任せて港方面にいくとペンギンが小魚追っかけてた!

ペンギンって泳ぐの早い!それにびっくり!



イザベラ島
アシカがマングローブに隠れてお昼寝。



念願叶ってペンギンも見れたし、こんなにも動物達と間近で触れ合える。



イザベラ島
こんな何もない風景もいい。


イザベラ島、大満足です。




<追 記>

イザベラ島の宿

San Vincente Hotel

場所は港や町中で訊けば教えてくれると思う。自社でツアーを催行していてボートや車を持っているようだった。

シャワー・トイレ付きトリプル1人1泊10ドル(当初20ドルだったけど朝食なし、6人で2泊するといって交渉した)。
キッチン(家族共同)、タオル、wi-fi(僕らの時は工事中だった)、クーラー付き。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

たっきーーーーーー

Author:たっきーーーーーー
2010年2月26日、仕事辞めて30歳で西回り世界旅へ。
もう終盤の南米大陸からblog始めちった。
あらまぁ。

Arsenalをこよなく愛してます。


546日間の旅を終えて帰国しました。

現在地:日本、長野。

最新記事

夢を叶える名言

Expedition Map

Travel Map
332 cities in 55 countries

カテゴリ

これまでの足跡 (1)
持ち物 (1)
Fiji (0)
Australia (0)
Indonesia (0)
China (0)
Hong Kong (0)
Macau (0)
Vietnam (0)
Cambodia (0)
Thailand (0)
Nepal (0)
India (0)
Egypt (0)
Jordan (0)
Syria (0)
Turkey (0)
Greece (0)
Italy (0)
Vatican (0)
Austria (0)
Hungary (0)
Poland (0)
Czech Republic (0)
Germany (0)
Belgium (0)
Holland (0)
United Kingdom (0)
France (0)
Español (0)
Morocco (0)
Portugal (0)
Argentina (11)
Chile (4)
Peru (8)
Bolivia (11)
Paraguay (0)
Brasil (5)
Ecuador (8)
Colombia (3)
Venezuela (4)
Panama (0)
Costa Rica (0)
Nicaragua (0)
Honduras (0)
El Salvador (0)
Guatemala (0)
México (0)
Cuba (0)
Jamaica (0)
United States of America (0)
旅の記憶 (2)
移動情報 (3)
未分類 (1)
お知らせ (2)
Arsenal (1)
Malaysia (3)
Thailand 2 (6)
Laos (1)
Vietnam 2 (3)
South Korea (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

旅人リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


Missing piece

LOOP★LOOP

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ランキングに参加しています!

↓読んだらポチッとお願いします!↓

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。