topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空遺跡 - 2011.06.12 Sun

マチュピチュ村からマチュピチュ遺跡まではシャトルバスか山を登るかの二択がある。

欧米人はワイナピチュに登るための整理券をゲットするため、まだ暗い朝4時ぐらいから

自力で登るらしい。



香港のビクトリア・ピークを勘違いして自力で登ったことを思えばマチュピチュぐらいたしたことない。

そう思った。

下山はバスを使うと決めていたし。


そして、多くの人はワイナピチュに登るらしいけど、反対側にはマチュピチュ山というのもあって

こちらも登れるらしい。こっちの山の方が標高は高いし、登ってる人が少ない、

そして整理券を貰うために早朝から待たなくていい。


でも、ミーハーな僕はまた悩んだ。最後の一押しをしてもらおうとインフォのお姉さんに訊いてみた。

「私はマチュピチュ山からの眺めの方が好きよ!」


即決!




翌朝、緊張したのか楽しみなのか歳のせいか、起きなくてもいいのに早く目が覚めてしまった。

辺りはすでに明るい。気になっていた雨も上がっている。


ジャングルの新鮮な空気を吸いながら6時に出発。



マチュピチュ
左が車用、右が歩行者用の橋。川は相変わらずの濁流。



マチュピチュ
橋を渡り、右に進むと案内板がある。



マチュピチュ
しっかり整備された道。でも何気に勾配がきつい。


登り始めてすぐに息切れ。


マチュピチュ
途中にある休憩所。


20分ぐらいの休憩も含めて1時間半ぐらいで登りきる。

きつかったけど思っていたより早く登れてしまった。



マチュピチュ
登りきったところに何故か日本語で書かれたメッセージ。



そしてバス組と合流して、マチュピチュ遺跡に入ろうとしたら雨が降り出した。

予想外の展開。

雨のなか遺跡は見たくないし、カメラも壊れてしまうから写真も撮れない。

連続での山登りは避けたかったけど仕方ない。

後で晴れてくれることを願い、先にマチュピチュ山に登ることに。



マチュピチュ
案内板にしたがって進む。

途中、入山者の記帳をしたけど、僕ら4人を含めても7人ぐらいしかいなかったな。



マチュピチュ
高山植物?なんかを見ながら、



マチュピチュ
崖沿いを進む。


でもやっぱり連続での山登りはきつかった。


何度も休憩を挟みながらなんとか、頂上に到着。



0502.jpg
頂上からの眺め。



マチュピチュ
頂上に埋め込まれたプレート。



偶然にも雨は止んでくれたけど、雲がひどい。


マチュピチュ
後ろ全く見えないけど、晴れたらきっとマチュピチュが。



せっかくここまで来たんだからマチュピチュを見下ろさないと帰れない。


待つこと1時間ちょっと。



雲の切れ間からうっすら見えたマチュピチュがコレ↓


0503.jpg
わかるかな~。



頂上からじゃないけどもう少しマシなのがコレ↓



マチュピチュ
後に見えるのがワイナピチュ。

地元の人はインカ顔ってよんでた。確かに顔に見えなくもない。てっぺんが鼻。



結局そんなに晴れ間はなかったけどここまで登ったってことに満足。


下山してお楽しみのマチュピチュ遺跡。


が、きっとどこかに雨男がいたんだな~。



見て周ろうとしたら雨。



それでもこの遺跡、過度な期待をしてこなかったせいか予想以上。

どこに行っても同じ事を思うけど写真では伝わらないものがある。

いままで見た遺跡は風化してくたびれてしまってるものが多かったけど

ここはまだ比較的新しいからか、山の上にあって荒らされなかったからか

完璧な遺跡。保存状態がいいんだろうな。



マチュピチュ



マチュピチュ



マチュピチュ



マチュピチュ



マチュピチュ



0568.jpg




この遺跡を発見したハイラム・ビンガムさん。

金目当てで探していたらしいけど、よくもこんなジャングルの急斜面を登ってきたもんだ。

それも一回で見つかればいいけど、そうではなかったはず。彼の野心はすごかったんだろう

なんてことを思うのでした。




0574.jpg
帰りのオリャン・タイタンボまでの列車内。33US$。


オリャン・タイタンボからマチュピチュ村までは駅前からコレクティーボで7ソル、約2時間。



また機会があったら、天気のいい日に是非リベンジしたい。






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takitabinideru.blog59.fc2.com/tb.php/35-d8546b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宇宙へ送るメール。 «  | BLOG TOP |  » いよいよ。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

たっきーーーーーー

Author:たっきーーーーーー
2010年2月26日、仕事辞めて30歳で西回り世界旅へ。
もう終盤の南米大陸からblog始めちった。
あらまぁ。

Arsenalをこよなく愛してます。


546日間の旅を終えて帰国しました。

現在地:日本、長野。

最新記事

夢を叶える名言

Expedition Map

Travel Map
332 cities in 55 countries

カテゴリ

これまでの足跡 (1)
持ち物 (1)
Fiji (0)
Australia (0)
Indonesia (0)
China (0)
Hong Kong (0)
Macau (0)
Vietnam (0)
Cambodia (0)
Thailand (0)
Nepal (0)
India (0)
Egypt (0)
Jordan (0)
Syria (0)
Turkey (0)
Greece (0)
Italy (0)
Vatican (0)
Austria (0)
Hungary (0)
Poland (0)
Czech Republic (0)
Germany (0)
Belgium (0)
Holland (0)
United Kingdom (0)
France (0)
Español (0)
Morocco (0)
Portugal (0)
Argentina (11)
Chile (4)
Peru (8)
Bolivia (11)
Paraguay (0)
Brasil (5)
Ecuador (8)
Colombia (3)
Venezuela (4)
Panama (0)
Costa Rica (0)
Nicaragua (0)
Honduras (0)
El Salvador (0)
Guatemala (0)
México (0)
Cuba (0)
Jamaica (0)
United States of America (0)
旅の記憶 (2)
移動情報 (3)
未分類 (1)
お知らせ (2)
Arsenal (1)
Malaysia (3)
Thailand 2 (6)
Laos (1)
Vietnam 2 (3)
South Korea (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

旅人リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


Missing piece

LOOP★LOOP

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ランキングに参加しています!

↓読んだらポチッとお願いします!↓

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。