topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物の楽園 ~サンタ・クルス島編~ - 2011.07.03 Sun

グアヤキルの空港を飛立った飛行機は約2時間後

ガラパゴス諸島上空へ到着。

サンタ・クルス島
青い海と自然のままの台地が僕らを向かえてくれる。


サンタ・クルス島
今回乗ったアエロガル。

Aerogalはスペイン語のAerolineas Galapagos(ガラパゴス航空)の短縮形。

そんな素敵な名前の飛行機に乗ってやってきたのだ。


空港からプエルト・アヨラの町まではボートとバスを乗り継いでいける。



サンタ・クルス島
チャールズ・ダーウィン。

彼がこの島の動物を見て進化論を唱えたことはあまりにも有名。

世界遺産に登録され、観光地化が進むにつれて環境破壊が問題となり世界危機遺産になってしまった。

でもその後エクアドル政府が改善に力を入れて、今は除外されている。

ガラパゴス諸島は約20もの島々で構成されていて、海底火山の噴火によってできたのだ。

なので島の地面を見ると溶岩が固まったのが一目で分かる。




さてこのガラパゴス諸島、グアヤキルの空港で10ドルのツーリストカードを購入し、

ガラパゴスの空港に到着すると100ドルもの入島税がとられる。

おまけに島内の物価ももちろん高い!貧乏バックパッカーには風当たり厳しい。

なので自力で回れる3つの島々を中心に見て周る。



ガラパゴス地図
ガラパゴスはここ↑



ガラパゴス地図
今回は最初の玄関口でガラパゴス諸島の中でも一番大きな町プエルト・アヨラがあるサンタ・クルス島。




この島の一番有名な見所は【チャールズ・ダーウィン研究所】。

ここはガラパゴス諸島(西語:Islas Galápagosはゾウガメの島って意味)の名前の由来にも

なっているゾウガメの飼育や観察、研究なんかを行っているところを無料で観察できる。

港から歩いていけるのでさっそく行ってみる。

サンタ・クルス島
さっそく海イグアナがお出迎え。



サンタ・クルス島
案内板に従って歩いていくと



サンタ・クルス島
いましたゾウガメ。これは子供?!



サンタ・クルス島
こちらが大人。ゆうに1mはあります。



サンタ・クルス島
あっちにも、こっちにも。

素人の僕がみてもよくわからないけど、それぞれ島ごとに進化したので種類が違うらしい。

下草のある島のカメは丸い甲羅、下草がなく首より上にある餌を食べるカメの甲羅は首の部分が凹んでいる

ので首を長く伸ばせるようになってるとか。

これも何年もの歳月をかけて進化したんだろう。



サンタ・クルス島
ロンサム・ジョージ。



サンタ・クルス島
嫁がみつからず、彼が死ぬとまた一種絶滅してしまう。それにしても首が長い。



サンタ・クルス島
陸イグアナも見れてしまったv。



サンタ・クルス島
研究所からみたサンタ・クルス島のパノラマ写真。





サンタ・クルス島には他にも野生のゾウガメをもっと間近で観察できるエル・チャトという場所がある。

行き方は港から上に伸びるAv.Baltraをしばらく上っていくと乗合タクシー乗り場がある。

そこからサンタ・ロサまで行き、そこからタクシー又は歩き。でも正直歩きはかなり大変だと思う。

雨が降っていたせいもあって僕らは乗った乗合タクシーが二人で5ドルでエル・チャトの入口にある

レストランまで連れて行ってくれた。



サンタ・クルス島
そのレストランにカメの甲羅があったので入ってみた。

亀仙人しようと思ったけどかなり重いので断念。

そしてこの日の雨は待てども待てども止まなくて、ゾウガメは諦めたのでした。

でも別の日に行った友人は見れたらしいです。



そしてもう1つ。

名物でもないけど海沿いの道を歩いていくと小さな魚市場がある。

そこにはおこぼれを貰おうと動物達が集まってくる。




サンタ・クルス島
ペリカンと頭。



サンタ・クルス島
アシカも。



サンタ・クルス島
このアシカの甘えっぷり。

あまりにかわいいので触ろうとしたら、めちゃ怒る!

ここえは運がよければマグロの中落ちなんかがタダで貰えるらしい。

そしてアオアシカツオドリなんかも見れるとか。




すでに沢山の動物を見れたガラパゴス。明日からも楽しみだ。






サンタ・クルス島の宿

Hotel Santa Cruz ホテル サンタ・クルス
ドミトリー、シングル、ツインどれでも一人10ドル。
水シャワー、ファン、キッチン(宿の家族と共同)付き。部屋によって風通しがいい部屋と悪い部屋が
あるのでいくつか見せてもらった方がいい。数室エアコン付きがあるみたい。
宿のママ、パパはとても親切で雨が降り出したら洗濯物を取り込んでくれた。
キレイではないけど人がいいのでオススメ。

行き方は港からAv.Baltraを北に上って10分ぐらいの右手にある。




おまけ

サンタ・クルス島
ミネラル・ウォーターもガラパゴス!





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takitabinideru.blog59.fc2.com/tb.php/40-3458dba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

動物の楽園 ~イザベラ島編~ «  | BLOG TOP |  » 前座

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

たっきーーーーーー

Author:たっきーーーーーー
2010年2月26日、仕事辞めて30歳で西回り世界旅へ。
もう終盤の南米大陸からblog始めちった。
あらまぁ。

Arsenalをこよなく愛してます。


546日間の旅を終えて帰国しました。

現在地:日本、長野。

最新記事

夢を叶える名言

Expedition Map

Travel Map
332 cities in 55 countries

カテゴリ

これまでの足跡 (1)
持ち物 (1)
Fiji (0)
Australia (0)
Indonesia (0)
China (0)
Hong Kong (0)
Macau (0)
Vietnam (0)
Cambodia (0)
Thailand (0)
Nepal (0)
India (0)
Egypt (0)
Jordan (0)
Syria (0)
Turkey (0)
Greece (0)
Italy (0)
Vatican (0)
Austria (0)
Hungary (0)
Poland (0)
Czech Republic (0)
Germany (0)
Belgium (0)
Holland (0)
United Kingdom (0)
France (0)
Español (0)
Morocco (0)
Portugal (0)
Argentina (11)
Chile (4)
Peru (8)
Bolivia (11)
Paraguay (0)
Brasil (5)
Ecuador (8)
Colombia (3)
Venezuela (4)
Panama (0)
Costa Rica (0)
Nicaragua (0)
Honduras (0)
El Salvador (0)
Guatemala (0)
México (0)
Cuba (0)
Jamaica (0)
United States of America (0)
旅の記憶 (2)
移動情報 (3)
未分類 (1)
お知らせ (2)
Arsenal (1)
Malaysia (3)
Thailand 2 (6)
Laos (1)
Vietnam 2 (3)
South Korea (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

旅人リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


Missing piece

LOOP★LOOP

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ランキングに参加しています!

↓読んだらポチッとお願いします!↓

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。